私の人生を変えた本といえばやはりオーラソーマ式カラーセラピーに関係する本です

私が30代になったばかりの頃自分の生活にもっと違う何かを探していた時でした。

「自分探し」とかアイデンティティとか色んな言い方がありますがなぜか気になって仕方が無いものからたくさんの本を読むきっかけになりました

占いとか自己啓発とか女子力アップ本とか。

そのなかですごく惹かれたのが英国のオーラソーマ式カラーセラピーに関する本でした

今でこそ色んなオーラソーマを探求されている方がたくさんの本を出されていますがその時はそんなに多くは出版されていませんでした

目に飛び込んできたのは興味深い2層にわかれた色の水が入ったイクイリブリアムボトル。

海外でもものすごく注目されはじめていたセラピーのひとつでこのボトルを4本選ぶところからまるでずっと求めていた自分探しの旅が始まるのでした

イクイリブリアムボトルの魅力に惹かれたのはいろんな業界の中にもいるようで私もずっとアパレル関係の仕事をしていましたがおなじアパレル業界出身の方で広報関係というアパレルでも花形の職業を捨ててオーラソーマの世界に入られた泉智子さんという方の本を見つけました

泉さんのセンスと楽しい発想でハッピーな気分になれるセラピーが描かれた誰が読んでも難解でもそんなにスピリチュアル的でもない楽しい本に私が出会ったのが人生を変えるきっかけになりました♪

エル・30代リゼクリニックの脱毛予約はここから

苦しい時に心の支えとなり、それまでの古い価値観を変えてくれた本があります。
『般若心経 人生を強く生きる101のヒント』(三笠書房)です。

私は特に信仰に関心がある人間ではありません。まして特定の宗教団体に入信もしていません。しかし、日本人なら一度は聴いたことのある『般若心経』の名。
それまでこの手の本には全く興味がなかったのですが、手に取るきっかけになったのは、20代半ば頃、仕事でもプライベートでもとても辛い時期のことでした。

いわゆる“どん底”にいる感じが毎日続いていました。
仕事で成果を思うようにあげられず、自分だけが取り残されている気がしていました。

また失恋続きで、自分は人間として全然魅力がないのではないかと不安になり、このまま孤独が続いたらどうしよう…と際限のない悩みループに陥っていたのです。
周囲と自分を比較して、いいようのない劣等感にもさいなまれていました。

最初は本屋でパラパラ立ち読みした程度で購入したのですが、読み進めるうちに目からウロコが落ちる思いの連続。
まさに「勝つべき時には勝ち、泣くべき時に泣く、しかもそれにとらわれない行動の智恵がつまった」一冊です。

章ごとのタイトルでは「無心の強さ-こう考えるだけでいい!」「今を生きるという意味」「快楽は短い、苦しみもまた永遠ではない」に始まり「今という舞台の主人公はあなたしかいないのだ!」「自分の弱さを活かして生きよ」「よりよく生きるには、ゆっくり生きてみることだ」「今日がこれまでで最高の日である」などと続きます。

約2ページで般若心経の言葉を一つずつひも解いてくれるので、毎日少しずつ読むことができます。
この本のおかげで自分が勝手に心の中に作り上げていた“苦しみ”が徐々に消え、毎日を丁寧に自分らしく生きていく力を得ることができました。

自分だけでなく、親しい誰かがたとえば心の病にかかり苦しんでいるときなど、よかったら読んでみてと薦めたこともあります。

購入して10年以上経っていますが、たまに辛いことがある度、ページをめくっています。
もう色あせてちょっと汚れているところもありますが、これからも大切に傍らに置いておくと思います。http://www.sociepon.biz/

1984年からアフガニスタンで支援活動を続ける、医師中村哲さんの著書です。アフガニスタンはもともと農耕や牧畜業が主な国ですが、大干ばつが起きて農地が砂漠化してしまい、生活出来なくなってしまう人で溢れました。貧困によって助かるはずの命が失われたり、内戦も同時期に起こって難民になったり兵士になったりする人もいました。中村さんは人々の治療に当たっていたのですが、日々の惨状を見ているうちに、不毛の大地となってしまった環境を変えないことにはどうにもならないと思ったそうです。2000年頃からは独学で灌漑について学んだり、地元の人々と協力しながら作業を進め、総計1600本の井戸を掘り、25kmに及ぶ用水路を建設しました。写真が載っているのですが、土埃だけの何もない砂漠だった土地が、10数年後に緑で溢れているのを見て驚きました。この本から、中村さんのお金や名誉のためではなく、ただ困っている人を助けたいというシンプルな思いが一貫して伝わってきました。その思いからスタートして、沢山の人々の生活が変わっていく大きなエネルギーを感じました。物質的に恵まれていても、小さなことにくよくよしがちだった自分ですが、この本を読んで、自分がいる狭い世界だけにとらわれて物事を見ているより、視野を広く持って、その時その時で最善を尽くしていきたいという考えを持つことができるようになりました。http://mastersunion.com/

アントワーヌ・ド・サン=テグジュクペリの、
「星の王子さま」
を初めて読んだのは、
思春期真っ只中の中学生の頃でした。
あの頃は小学生の部活動とは異なり、
初めてできた先輩後輩という上下関係によって、
縦社会の難しさに直面したり、
大人と子供の中間で何とも微妙な扱いに戸惑いや憤りを感じて反抗したり。
今にして思えば生きることや生活することの難しさを、
初めて目の当たりにした瞬間の葛藤だったのだろうと思います。
そんな時に出会った星の王子さま。
この社会の縮図のような話だと、
中学生ながらに感じたものです。
自分が素晴らしいと思っていた1輪のバラよりも、
遥かに多いバラの群生を見た時、
なんて小さなものに心をとらわれていたのかと涙する王子さまの気持ちが、
痛いほどよくわかりました。
まだまだ上があることを知らずに、
目の前にあるものだけで満足していた自分か情けなくて、
そしてその世界の存在を知ってしまったこともショックで、
当時の私のいろいろな情景が重なって感じたのです。
しかし最後に彼は、
そして私も気付きました。
本当に大切なものは目に見えないのだということを。
家族、
健康、
友情、
愛情。
数え上げたらきりがない私にとって大切なものは、
目には見えないものばかりでした。
その後この本は私が何かにぶつかりそうになった時、
必ず手に取る1冊となりました。
受験や就職、
私を取り巻く環境の変化についていけなくて悩んだ時。
このままの自分で良いのだろうかと、
人生の岐路に立った時。
何だかよくわからないけど、
不安で不安で仕方がない時。
この本を読むと、
気持ちが浄化されていくように涙が溢れ、
その涙と一緒に私の中のモヤモヤが流されていくのです。
そして涙を流したあとはスッキリした気持ちで、
今の自分の状況を冷静に見つめられるのです。
キツネのこの出会いは決して無駄なことではないという言葉を思い出す度に、
人生に無駄なことなど1つもないのだということを改めて感じ、
この逆境もいつかの自分の糧になる日がくるのだと思えるのです。
この本を開いて王子さまと再開した瞬間、
私の心は軽やかに、
そして清々しい気持ちにさせてくれるのです。

【雅・30代】TBCが気になっている方はこちら

私の人生を変えた書籍は柏葉幸子さんの「霧の向こうのふしぎな町」です。「千と千尋の神隠し」の原案になった童話です。小さい頃に何十回と繰り返し読んでいてすごく引き込まれて大好きだった本です。この世界に私も行ってみたいって思わせるお話です。夏が近づいてくると毎年読みたくなる本です。下手な自己啓発の本にお金をかけるよりも、小さい頃のワクワク感を思い出させてくれる本の方が心が豊かになるのではないかなって思います。挨拶やお礼、人を思いやる心、自立心など子供の頃に学ばなければならないことがたくさんつまっていると思います。心に優しい物語です。登場人物の優しさに感動して、私も主人公と一緒に成長できたような気になります。気分がささくれてしまったり、心が疲れてしまった大人こそ読んで癒されるべきだと思います。児童文学なんですけどファンタジーが好きな人だけではなく、ジブリが好きな人にもオススメできます。イマジネーションが刺激されます。ワクワクさせてくれるし、深く考えさせられる部分もたくさんあります。いつか母親になることがあるのなら絶対に子供に読ませたいと思います。これからもずっとずっと大切にしていきたい一冊です。【りぼん・30代】ゴリラ脱毛に興味がある方はこちら

佐藤伝先生の書籍、ひとりビジネスの教科書は今、私の中でマイブームを巻き起こしている。収入チャンネルを9つ持ちましょうというのが主たる内容である。サラリーマンの私にとって収入源は給料と子供の児童手当くらいだろう。それを9つも確保して人生を生きようというのだから驚きを通り越して、自分の生活と世間の生活は全く異なる異世界ではないかと感じたものである。
 ツイッターやブログ、フェイスブック、アフィリエイト、本の出版、種々の教室にコンサルティング、個人事業を企画して努力を重ねることで多様なチャンネルの確保ができ、人生が豊かになるという設計。いかに自分が矮小な世界で生きてきたか、パソコンとインターネットを駆使した世界観がここまで広まっていたとは知らなかった。私にとって驚愕の1冊となった。
 今、ツイッターを始めてみれば、メリクリ、ビットコイン、せどり、株式、様々な方法がフォローに並ぶ。数ある中で何を選択して行動するかは自己責任の世界だが、多種多様な人間社会で生きていく上で最も重要で基礎となるのは本書でも繰り返し述べられている人とのつながり、縁を結ぶということである。新たな人との交流を持とうという気にさせてくれる一冊である。
 私は単に会社員として、副業禁止の会社文句や日々の安定した給与に胡坐をかいて座していただけではないか。私なりの社会貢献や活躍、幅広い収入への道、活動すれば見えてくるだろう世界をとても身近な世界に感じさせてくれたのが本書です。

【新納誠・40代】http://www.tsudanuma-datsumou.com/

私は最近本屋のおすすめの棚に陳列されていた、「完璧な母親」という小説を読みました。私自身がまもなく出産を控えており、ただ本の題名に興味があって読んでみましたが、内容はかなり奥深く暗い内容でした。
完璧な母親とかどんな母親なのか?ということを追い求めていく内容で、子供への愛情の示し方はその母親によって十人十色であり、正直何が正しいかは分からないんだなと思いました。子供を溺愛する愛情表現の親もいれば、少し突き放した愛情表現をする親もいれば、手をあげてしまう愛情表現の仕方をする母親など。どんな母親に育てられたらまともな大人になるかなんて分からないんですよね。
この本の中に出てくる母親像も決して正しいものでも間違ってもいないけれど、自分はいい母親とか完璧な母親と思っている母親ほど、子供はぐれてしまうのではないかと思います。
この世に完璧な母親なんて存在しないと思いますし、母親も子供に育てられて一緒に失敗をしながら間違いをおかしながら成長していくものだと思います。
この本に出会えて、育児に正解なんてないんだと思うことができたので、私は私なりに愛情をあげて子供とともに同じ歩幅で歩いていってあげたいなと思いました。【なーたん 20代】詳しくはこちら

私は子育ての最中、なんだか子供に体を乗っ取られたような支配されたような不思議な感覚を持っていました。
毎日、朝から晩まで子供が外に出たがるので、暑い日も寒い日も外で遊びました。単に体力的に疲れていたんだろうなと思っていました。
しかし、この本に出会い素直に従ってみました。すると自分の家の中の空気が流れだした感覚がありました。毎日普通に掃除をしていましたが、丁寧さが足りなかったのかも知れません。何もかも子供のせいにして雑に過ごしてしまっていた事に気がつきました。特にお客様を招いて家を褒めてもらうと家が喜ぶというところに感銘を受けました。今までもお客様を呼んで我が家で過ごしていましたが、なんとなく呼ばれたからお返しに呼んでいただけでした。私は何をするにも仕方なくする癖がついていたようで、おうちや、家族や、自分を喜ばす事を忘れていました。あとは、眠いときは、眠気に逆らわなで寝る。眠気がすごい時は、好転する前触れだと書いてあります。眠気ばかりの私は自分を肯定する事ができました。
矢尾こと葉さんは、会ったことはもちろんないですが、文章から優しいオーラが出ています。読んでいると読書の幸せを心からの喜んでいるようです。この本に出会ってから考え方や接し方がかわり、自分の運勢が好転したような気がしました。

44歳/シュガー痩身エステランキングはこちら