リチャードカールソンの小さいことにくよくよするなという本を、古本屋で偶然見つけて100円で購入しました。その頃の私は何というか、恋人もいなくて、仕事も上手くいっておらず、前向きに生きる事ができていませんでした。そんな時に見つけた本です。読んでみて考え方が変わりました。本の中で、くよくよしても明日はやってくるという記述がありました。会社では毎日上司に怒られて、次の日を考えると夜に眠れない事がありました。その時に、この本を読むと心が落ち着きました。どうせ眠れなくも明日はくる、悪い事を考えずに寝ようと思ったら寝る事ができました。その他に1年後にはみんな忘れていると記述がありました。1年後にはみんな忘れているというのは、人というは気にするのは自分で他人の事は余り気にしていないという事でした。その為、仕事でミスした場合でも1年後には回りのみんなは忘れているとありました。これは本当に救われました。とても前向きに考えられるようになりました。この本を読んでから、自己啓発本を読むようになりました。リチャードカールソンは、お金、家族、恋愛、仕事についての小さいことにくよくよするなシリーズがあり、私は全て購入して今も悩んだ時に読んでいます。
さらに詳しい内容はこちら