私は学校を辞めたことがあります。高校です。私は高校は、私立の名門と呼ばれる、「勉強のできる」学校に入っていたんですが、辞めてしまいました。勉強さえできれば大丈夫という空気が合わなかったのですをしかし勉強が好きでした。クラスの中でも上位の成績でしたし、そのことに誇りを抱いてもいました。私は学校を辞めても勉強は続けられると思っていました。それに、学校を辞めたことに引け目も感じていたのでみんなよりもいい大学に入ってみんなを見返してやろうという思いも少しありました。そして私は「自分は勉強ができる」という抱いていたので、実際に大学にも行けると思っていました。しかし学校を辞めてから私は途方にくれました。勉強の仕方がわからないのです。そんな時に出会ったのがこの白取春彦の独学術です。今まで勉強術の本、勉強の心構えについての本も少しは読んできましたが、この本は変わっていました。勉強の心構えも書いていますが。実際に勉強するにはどのようなことを勉強すればいいか、どのように勉強すればいいか書いてあったのです。特にこの本は独学に特化していて、一人でどのよう勉強をすればいいか途方にくれていた私には希望の光でした。この本を読んで私は社会でどんな勉強が求められているかではなく、どんな勉強が楽しいかを知ることができました。
恋肌(こいはだ)の割引を調べてる方はこちら